ZRX1200Rの特徴

知っておきたい!ZRX1200Rの特徴

カワサキのZRXシリーズは、スポーツ走行に特化したネイキッドタイプのバイクです。
ZRX1200Rは、このZRXシリーズのフラッグシップモデルとして、2001年に発売されました。
ZRXシリーズの特徴となっているビキニカウルは、ZRX1200Rにも継承されており、スタイルのコンセプトを維持しながらも、より洗練されたルックスを実現しています。
1164ccの水冷並列4気筒エンジンを搭載したZRX1200Rの最高出力は、販売当初は100馬力でしたが、2004年モデルでは、95馬力に変更されました。
このように最高出力が低下したのは、騒音規制の変更に対応するための措置として、低回転重視の仕様にエンジンが改良されたためです。
さて、このZRX1200Rには、前身モデルであるZRX1100のフレームを改良した、高剛性なフレームが採用されています。
また、スイングアームの剛性も、ZRX1100と比べてアップしており、よりバランスの良い安定した走りと、高い操縦性を実現しています。
このように、高い運動性能によってスポーツ車としての確固たる地位を気付いたZRX1200Rは、2008年の9月に生産が終了しました。
しかし、そのコンセプトは、最新モデルのZRX1200 DAEGに引き継がれています。